起業で失敗する原因

男性女性に関係なく、若くて元気、しかもやる気がある人はサラリーマンやOL、派遣社員などの身分でそのまま仕事を続けているよりも、自分で会社を設立したいと考えるようになることも多いです。今知名度があり売り上げも世界規模となっている大企業の中にも、一人あるいは数人で起業をしたと考えている人もいると言われています。このような大企業であっても、起業の当初は試行錯誤の連続で、似たような会社がたくさんありましたがその全部が成功したというわけではありません。

つまりそのような会社は起業に失敗したのですが、失敗は私たちにつきものですから、失敗の例とどうして失敗したかという理由を知ることは無駄ではありません。私たちはむしろ失敗から学ぶことが多いのですから、失敗の例を見本にして、そのようにならないためにも失敗の話を聞くことは起業を志す場合には必要になります。失敗は成功のもととも言われていますが、これは失敗を糧にして努力した場合のことで、致命的な失敗をしたのでは、取り返しがつかなくなります。

なお、失敗の原因はいくつかに分類できますが、私たちの社会は細分化されていますから、その失敗例が必ずしもぴったり当てはまることはありません。つまり、その失敗はその事例の状況での失敗であり、パターン化された失敗とは言い切れないのです。

当サイトでは、起業で良くある失敗について述べますが、これら以外の要因で失敗することもあると心得ておきましょう。